スタッフブログ Staff blog

☆NEW☆ 強烈な寒波☃とオーダー製作

 

 
風が強く、荒れた天気の日本海! 最高気温1℃。


 DSCF9534.jpg


強烈寒波により外は猛吹雪、真っ白で先が見えない時も。

太平洋側も積雪があるようで、交通機関への影響や、


路面状態も悪いかと思いますので、外出の際は

十分お気をつけください m(_ _)m


 

DSCF9535.jpg


軒は1mほどある事務所も、窓に吹き込んだ雪がはりついて

この通り・・・ただやはりここは木製サッシですね。



ひんやりを感じることも結露ももちろんなく。

室外での目から入る映像は、雪が猛烈に吹雪いている
ものの、

内では、そのギャップにびっくりするぐらい

温かく安定した安心感に十分力を発揮してくれています。



DSCF9532.jpg

 

 

さてさて、昨年にショールームにいらっしゃった設計士様。

「枡格子##玄関両開きドア」をご検討。


打ち合わせを進めていく中で、
お施主様のお好みで、

・電気錠仕様

・出来るだけ格子は太く、

・タテ格子だけ框より勝たせて奥行きをつけたい

とのご要望をいただきました




通常は幅18㎜の格子を、組みあがった框に差し込んで仕上げる

格子戸ですが、ここはオーダーメイドを強みとする当社の腕の見せ所。

・・・・


DSCF9528.jpg


そしてついに、製品は完成。

ご要望通り、厚みと奥行きが感じられる存在感あるドアに仕上がりました。

出荷前・製品検査時の写真↓


DSCF9631.jpg

 

荒れた天候の中、本日無事出荷。工場を出ていきました☆


製作担当者は、製品が出来上がって終わりではなく、

納入後どうか、万が一メンテナンスを必要とした時に

対応できる製品になっているかなど、無垢材の特徴やクセを

ふまえた上で、こちらの意見とお客様のご要望とをうまく

バランスを取りながら、ご満足いただける商品提案をしています。



最終的にはご要望に沿ってしっかり仕上げてくれる

製作担当者達には、本当に信頼をもってお任せできるので

打ち合わせ時から安心してやりとりしています^^

 

 

 

 

 

*- 新年のご挨拶 -*


**2018年**

新年あけましておめでとうございます!

昨年は格別のお引立てを賜り厚く御礼申し上げます。


DSCF9171 s.jpg



弊社も本年で創立35周年を迎えることが出来ました。

これもひとえに、皆様のご支援、ご愛顧の賜物と心から

感謝いたしております。



これまで以上に、お客様にご満足いただける製品のご提供と、

上質で豊かな暮らしのご提案として、

より美しく、高品質な製品作りに邁進して
まいりたいと思います。




本年も、より一層のご支援を賜りますよう、従業員一同

心よりお願い申し上げます。

 

inu2.jpg

彡 年末のご挨拶 彡


この年末、社内は何となくバタバタっとしておりまして、


クリスマスもいつの間にか通り越してしまい、

 

DSCF8867.JPG


早いもので、年末のご挨拶をさせていただく時期となりました。

本年は格別のご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます。



今年は、新しい機械の導入により、さらに幅を広げた商品への対応が

可能となり、これまで以上にお客様のご要望にお応えできるように

なりました。


今年も沢山のご縁をいただき、全国へ商品を納めさせていただきました!


本当に感謝の念に堪えません。ありがとうございます。




来年はより一層邁進していく所存ですので、

ご支援を賜りますよう、従業員一同心よりお願い申し上げます。


gassyou.gif




なお、誠に勝手ながら当社の年末年始の休業期間は下記の通りです。

『 年末年始休業期間: 12月29日(木)~1月4日(木) 』

新年は、1月5日(月)より営業いたします。



それでは、皆様よいお年をお迎えください☆彡



inu.png

 *もう少しで戌年*

 

 

 

 




断熱・気密について


一昨日から強い寒気が流れ込んで、日本海側は真冬並みの寒さ。

 

shinkansen yuki.jpg 


雪も続いていて、出勤前と帰宅時には久しぶりの雪下ろしに

四苦八苦しています! :-O
 
 

P1200013.jpg


今年の富山の冬は、ホワイトクリスマスになりそうです*⁂*⁂*


20101216taiki  2s.jpg




 

さて、熱というのは、家の様々な箇所から出入りしますが、

夏涼しく、冬暖かな心地よく快適な住まいを作るためには、

熱の出入り口となる扉の断熱化・気密化がポイントになります。

それが分かるイラストがこちら↓

窓やドアなどの開口部から流出する熱の割合は・・・
 

断熱、気密 性能について.jpg
出典:(一社)日本建材・住宅設備産業協会

※1992年の基準で建てた住宅モデルにおける例


なんと・・・48%!にまでなります。

家の断熱性を高めることで、住まいから逃げる熱を大幅に減らすことが

でき、屋外の冷たい空気が屋内に伝わりにくくなります。

kuturogi.jpg
もしかしたら、暖かい部屋を出た瞬間のあのひんやり感や、

玄関先のスーッとした寒さをどなたも経験されたことがあるかも

しれません。玄関の断熱性を上げることで、その家の中での
温度差(例えば

暖房設備のある暖かいお部屋と玄関先・廊下・お風呂場など)を抑えることが

でき、
快適に過ごすことができます。





先日、玄関引戸の断熱と気密の性能試験をそれぞれ受けてまいりました!

結果は・・・

その様子は、また後日ご報告させていただきます!☆








澄んだ夕焼け☆彡

 

今日は全国的にいいお天気だったようで、ここ富山も久しぶりの

秋晴れでした!☀

 

ダム.jpg


と言っても、やはり11月中旬も過ぎてのこの時期は、

ぴりりと寒く、晴れた日は特に空気も澄んでいて乾燥している
ので、


乾燥肌気味のあたしには少し厳しい季節・・・笑

16時を過ぎる頃には、足早に薄暗くなっていく空には何だか寂しさすら

感じさせられますが

今日の夕焼けの立山は一段と美しく!


DSCF8460  2.jpg



乾燥だ、何だの悩みはフッと消え失せた今日の一コマでした!



1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

Profile

C.T.Sスタッフが商品や展示場、日々の出来事を書き綴っています。
過去のブログはこちら

Entries

Comment

Archive

2018.01

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

TOPこだわり製品紹介施工例お手入方法Q&A展示場会社概要お問い合わせスタッフブログ