スタッフブログ Staff blog

☆NEW☆ 秋晴れの中、納入してきました!



10月中旬。長袖1枚ではもう過ごせないほど、肌寒くなってきました。

 
 

 DSCF5027.JPG

 

 生花も秋色に・・・・


DSCF5024  2.jpg

 





先日、
玄関引戸/サッシをご採用いただいた 京都府 南禅寺の戸建住宅に

納入してきました!

南禅寺は京都市左京区にあり、京都観光では人気が高く、桜や紅葉の名所としても

有名な場所。


nannzennji.jpg





設計士、お施主様のご要望により、玄関引戸もサッシもとてもこだわられたものです。

正面の勝手口側の玄関引戸、2台を少しばかりご紹介☆

↓こちらが正面玄関の扉。

DSCF7795  2.jpg

全て同じ太さの桟ではなく、6本の太めの桟の中に、それより細い2本の桟を組み込んだ

格子になります。  




↓そしてこちらが勝手口の玄関扉。 正面玄関とは違った形状に仕上げています。



DSCF7799  2.jpg


通常、1本の桟を等間隔で配列し交差させ格子にするところ、2本1組で組み上げました。



沓ずりは灰色御影石。表面をブラスト加工し、少しザラザラ感を出したもの。

ガラスはブラスト加工のガラスに乳白色のフィルム貼りした、特殊なガラス。

絶妙な不透明感に仕上がっています。

写真ではお伝えできませんが、和風の品よい良い仕上がりに。



取付けられた状態のものは、竣工後、またご紹介させていただければと思います^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




























中旬。長袖1枚ではもう

 

 

 

 

人気商品ご紹介



いただくご注文の中で、最近特にご要望いただいている人気商品は、、、

樹種;ブラックウォルナット無垢材の商品です☆


幾重にも重なった年輪と柔らかい雰囲気が美しい米松ピーラー。その雰囲気とはまた違い、

ブラックウォルナットは、木質は衝撃に強く、重厚で落ち着いた色合いと独特の気品を

醸し出した深みある材料になります。

マホガニー、チークと同じく、世界的三大名木としても有名で、高級家具にも

使用されている人気の高いブラックウォルナット。



 

bw 2.jpg

 

 

 

 

お客様のお考えのイメージにより、選ばれる材料も異なりますが、

ここ最近は、このブラックウォルナットでのご要望が、ドア、引戸 共に多くいただいております。

 

 

bw3.jpg

 


 ↓そしてこれが実際目で見て選び、丸太から製材しているブラックウォルナット。

  写真の径はなんと83cm。

  切り口は薄い緑色をしていますが、時間が経ち空気に触れると

  少しずつうっすら紫色がかった褐色に変わっていきます。

 

bw4.jpg

 

 

材料の品質にはこだわっていますので、シンプルなデザインですが、

ラックウォルナットそのものが醸し出す存在感や高級感などは、

実際見ていただけると感じていただけるのではないかと思います!

展示場にはドアの展示がございます。ぜひ一度お越しください☆




bw 1.jpg




夏季休暇のご案内

 

平素はお世話になっております。 

誠に勝手ながら、弊社では夏季休暇を下記のとおりとらせていただきます。


■夏季休業日程
8月11日(金)~8月15日(火)まで


皆様には、ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承のほど、
よろしくお願い申し上げます。


1.jpg







支援企業として選定されました!

 

 

2017627.jpg 

 

梅雨ですね ☂

夏至も過ぎて約1週間。これから少しずつ、昼の長さは短くなっていきますが、

夏の暑い季節に少しずつ向かっていく頃にも入ってきました!



* * * * * 
* * * * *

 

 

この度、県の支援機関である、公益財団法人 富山県新世紀産業機構の

「平成29年度 中小企業首都圏販路開拓支援事業」に、支援対象企業として選定されました!
 

販路開拓支援採択.jpg

機構に支援をいただきながら、
大都市圏等への更なる販路開拓・拡大に向けて、


進んでまいります!!


 

 

 

 

ライフスタイル誌「I'm home」に掲載★彡

 
 

上質なデザインと暮らしを考えるハイエンドなホームデザイン&ライフスタイル誌、

"I'm home"に、掲載されました☆(I'm home.no.87 2017 May)

DSCF8970.JPG

先月5月号になります。ご報告が遅れまして申し訳ありません・・


~Entryway & Approach 多様化するエントランス&アプローチの在り方~ にて。
ご興味をお持ちの方は、どうぞバックナンバーよりお問合せくださいませ。→




お家って、家族が帰る場所。自分が戻れる場所。居場所だったり大切な空間。

そこに求めるものは、安心・癒しだったり、上質だったり、居心地だったり、

価値が上がる場所だったり。

人それぞれの色やこだわりでお家があるのかなと思います。


 DSCF9328.JPG

 


A+made 商品を
採用いただくお客様は、大切な空間であるお家だからこそ、

入口にはこだわりたいとおっしゃられるお客様が多く、とてもありがたく思っております。


大切なご家族やご友人をお招きするお家の顔として、
“Aクラスの品質と美しさ”に

こだわり、より良い商品を目指しながら、上質な「本物志向」を貫き通した商品を今後も

製作
していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

Profile

C.T.Sスタッフが商品や展示場、日々の出来事を書き綴っています。
過去のブログはこちら

Entries

Comment

Archive

2017.10

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

TOPこだわり製品紹介施工例お手入方法Q&A展示場会社概要お問い合わせスタッフブログ