スタッフブログ Staff blog

ブラックウォルナットの木製サッシが出来るまで~

 CTSで扱う材の中でもとびきりの高級材

ブラックウォルナット

 その材で木製サッシを制作しました!!

DSCF0004 (1).JPG

トップスイング

美しい・・・雰囲気が違います!高級感があります

 

 それは去年の暮れ・・

目黒区都立大に家具のショールームと

溝口に設計室をもつ、のるすく さんからの依頼でした。

 

のるすくさんは木を生かしたデザインの家具・住宅設計を行う

こだわりのある設計事務所です。

主に広葉樹にこだわって制作されています。

 

のるすくの北田社長は去年の暮れ、

ブラックウォルナット材を主に使った住宅を考えているので、

ブラックウォルナットのサッシを住宅に使いたい!

 (おそらく日本初

と富山本社を訪れ、協力を依頼されました。

 

CTSはブラックウォルナットを丸太で仕入れ、

 自社で乾燥から製材まで行います。

DSCF0165.jpg

 

実際、富山本社で材料や商品をみていただき、

こだわりのある北田社長も納得、ぜひ使いたいと何度も足を運ばれました。

DSCF0002 (4).JPGのサムネール画像

FIX

 

DSCF0003 (1).JPGのサムネール画像

ヘーベシーベ引違い

 

5/30出荷予定になります!!!

住宅に取付ればまた何十倍も美しく映えることだと思います。

施工後もこちらのブログで紹介したいと思いますので

楽しみにお待ちください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リフォーム完成! ~木製玄関引戸

 以前ブログにも載せましたサンオウホーム(株)〈代表:坂井幸之助氏〉

富山県高岡市のS邸 リフォームが完成しました!!

現場より~木製玄関引戸←以前のブログ

 

IMG_7022 (1).JPG 

 家の顔である玄関はBIGBOYの木製断熱E型引戸です。

 

坂井社長は昨秋、住宅建築に良質の無垢材を使っていきたいと考え、

当社シー・ティ・エス㈱に米松材を依頼されました。

当社で建築用に製材し、脱脂乾燥も行いました。

 施工例ページにも載っているのでご覧下さい!

 

屋根の破風板をはじめ、玄関周りの材木は引戸と同材なので

高級で美しい統一感があります!

 

 

 

軒天は15㎜厚の板です。

十分な乾燥を施してありますので目地なし加工が可能です。

8本の柱は4面柾です。

 外壁の塗り壁と材木の色がマッチしていますね~!

 

[玄関室内]

室内は白とブラックウォルナット色の2色に統一されています。

天井には分厚い無垢板が貼ってあります。

 

shouse.JPG

[居間]

重厚感のある梁はこの家のリフォーム前の材木を生かしています。

 

skitchen.JPG

[キッチン]

 

富山県高岡市を拠点に地元密着ならではの

 きめ細やかなサービスを行うサンオウホームさんです。

 

 

お問合せ先

サンオウホーム株式会社

〒933-0076 富山県高岡市米島624

TEL:0766-25-7888 FAX:0766-21-5265

mail:san-ou@besch.ocn.ne.jp

http://www.sanouhome.jp/

 

 

 

建てた人に聞いてみよう!建築家との家づくり

 弊社の木製玄関ドアを納品いただいたお客様の御宅で

今週土曜日にイベントが開かれるそうです。(お施主様主催)

 

建てた人に聞いてみよう!建築家との家づくり

 

 

設計:奥山裕生設計事務所

場所は東京都世田谷区(小田急線経堂駅です。

 

今週土曜なので押し迫ってますが、ご案内です

家づくりに興味ある方は是非お問合せの上、

ご参加してみてはいかがですか

お問合せは奥山裕生設計事務所様まで!

 

ihouse.JPG

防火仕様の木製玄関ドアです!

 

 

 

 

こだわり②〈木製玄関ドア〉  召し合わせ(親子ドア・両開きドア)

5月です!今日は暦では立夏らしいです。

東京は初夏のような陽気の日も多いですね。

 

弊社は集成材や積層材など一切使用せず、すべて無垢の木を使用、

その無垢材の中でも厳選した材を選んで使用してます。

 その無垢材を引き立たせるようなシンプルなデザインが商品の特徴です。

Nhouse.JPG

 

親子ドア☆(防火仕様可)

とくに親子ドアや両開きドアのスッキリデザインにはこだわりがあります!

前回ご紹介した、押し縁のないスリット窓はもちろん

 

Nhouse3.JPG

 

親扉と子扉の間に戸当たりがありません。

両扉の間にかぶせ部分がない為、つながった一面のように見えます。

 

20090228120708.jpg

 

デッドボルトが見えないので、スッキリしたデザインとともに

防犯面でも安全です!

 

Nhouse4.JPG

 コンシールドDCにすれば、室内側からも

クローザーの出張りが出ずにさらにスッキリです!

(オプション)

 CTSのこだわり

 

 

1

Profile

C.T.Sスタッフが商品や展示場、日々の出来事を書き綴っています。
過去のブログはこちら

Entries

Comment

Archive

2017.08

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

TOPこだわり製品紹介施工例お手入方法Q&A展示場会社概要お問い合わせスタッフブログ