スタッフブログ Staff blog

施工例のご紹介

 

とうとう本社のある富山でも梅雨があけました。ついに夏本番です!

 

DSCF0003.JPG

 

 

 

さて、昨年7月頃納入いただいたお施主様より、施工写真を頂きました! 

 

 

こちらのお施主様、静岡にお住まいですが、よく富山にはいらっしゃるようで、

今回もメンテナンス塗料をお買い上げいただくことも含めて、

岡よりお越し下さいました。

 

 

こちらの物件、2世帯住宅で片引戸のE型とN型を一台ずつ

採用いただきました。

T様、本当にありがとうございました!!

 

1831.JPG

           **** 奥左側に見えるN型引戸と、手前のE型引戸の2台 ****

 

 

1829.JPG

                 **** E型タイプ 片引戸 ****

 

白壁と、商品のブラック色が対称になって、すっきりときれいに

納められています。

 

 

 

1828.JPG

                  **** N型タイプ 片引戸 ****

 

 

こちらの塗装は、リボス・タヤ ペルシャレッド色。

 

E型タイプが入った玄関とはまた違った雰囲気ですね。すてきです。 

 

 

 

製品の状態は2台ともとっても良く、一年経った今でも、納入当時と変わらない

ような状態に思えたほどでした。

 

 

納入後の製品の状態は、納入場所の条件や環境によって

異なりますが、どのような環境であっても

再塗装メンテナンスは木製品にとって大事なことになります。

 

 

お肌をお手入れするのと同じで、メンテナンスは木に潤いを与え、

保護する働きがあるからです。

そのお手入れをしていただくことで、いつまでも

永くキレイにお使いいただけます。

 

 

 

本物の木だからこそ、再塗装する度にでてくる味や深み。

ぜひ、その味を楽しみながらメンテナンスしていっていただけたら、

うれしいです!

 

 

  

 

巨大な..大開口の..商品製作・ご報告!

 

 

梅雨が続いていますね。

沖縄の方では梅雨明けしたそうですが、こちらはまだ気温も、湿度も高く、

ムシムシと暑いです!カラッとした天気が待ち遠しい今日この頃。   

もう夏本番もそこまできています!                                        

 

 

ところで。。。

みなさん、この画像 ↓↓  何かお分かりになられますか?

 

DSCF2017.JPG

 

・・・・ そうです! 木製サッシ(木製窓)なんです。

なんと、大きさは枠外W(横幅)9,237m、枠外H(高さ)2,625m!!

 

 

これは横に寝かした状態ですが、起こすとこんな感じになります。 ↓↓

 

 

 

 

DSCF2009.JPG

 

とにかく大きいの一言。

 

大開口の商品を作ることができるのも、木製サッシの特徴であり、良さでもあります。 

 

 

この商品、リビングからお庭が見える造りのお宅に納入します。

リビングとお庭の間にサッシを入れます。

こんな大開口の窓からお庭を見るなんて気持ちいいだろうなぁ~ としみじみ思ってしまいます。

 

 

設計士さまから、こんなサッシを作ってほしいとご要望受けて

この商品を作ることになったわけですが、正直なところ、

ここまでくるのに相当な手間、時間がかかりました。

その分、こうやって形になってくるととても嬉しいですね!

お客様にもきっと喜んでいただけるはずです☆

 

完成、納入した後は、また改めてご報告させて頂きます。お楽しみに!

 

 

 設計: 坂東建築設計室

所在地:富山県下新川郡朝日町平柳241

TEL:0765-82-0278/FAX:0765-82-2220

E-mail:h-b1@miracle.osn.ne.jp

 

 

 

 

 

 

 

1

Profile

C.T.Sスタッフが商品や展示場、日々の出来事を書き綴っています。
過去のブログはこちら

Entries

Comment

Archive

2017.12

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

TOPこだわり製品紹介施工例お手入方法Q&A展示場会社概要お問い合わせスタッフブログ