スタッフブログ Staff blog

☆NEW☆ 施工例UPしました

 

今朝、本社工場のある富山では少しみぞれが降りました。

山も白く色づいてきて、冬本番に向かって寒さも本格的になってきたのかもしれません。

 

先日、神奈川県横浜市のとある物件の取付に行ってきました。

まだ完成前の為、取付後の写真ですがご紹介させていただきます。

 

 

 

 【 取付完了後 】

 

● 室外側

2mae.JPG yoko.JPG

 

 

 ● 室内側

uchi.JPG

 

【 防火・両開きドア 】 FRY-0RX

サイズ・・・W1680×H2391

・ハンドル・・・ユニオン社 T1550 タッチシステム(ラッチ機能)付き

・錠・・・美和社 電気錠

・塗装色・・・リボス社 カルデット ウォルナット+ローズウッド混合色

 

出荷前には必ず調整して、傷や歪みがないかなど、

細かく寸法やチェックを入れ、製品検査を行います。

 

↓ 製品検査写真

 

kensa.JPG 

 

 

取付は、基本的には現場の大工さん、施工会社様にしていただくことが

ほとんどですが、弊社での取付も承っております。

その場合、現場では水平・鉛直のレベルがしっかり出て取付けできたか、

寸法を取ってチェックします。

ここが何よりも一番大切なところです。

 

hand-kensa.JPG 

 

 

今回採用いただいた物件でもそうでしたが、弊社ドアは、準防火地域でご使用いただけます!

最近、一般住宅でも需要の多い、電気錠にしていただくことも可能。

袖ガラスをつけたり、扉内にガラスを入れたりも出来るため、明かり取りのデザインにも

対応しています。

 

防火仕様の他にも、ご要望のデザイン、仕様等ご不明な点がありましたら、

ぜひご相談ください☆

 

 

 

ログハウス見学会!

朝、夕はだいぶ冷え込みが強くなってきて、気づけば今日は10月最後の日。

 

ブログもしばらく更新していませんでした...すみませんm(__)m

 

 

明日からは霜月、11月です。だんだん冬の雰囲気を感じますね。

 

 

さて先日、翼住宅(有)さまの展示会が行われました。

ログハウス施工32例目です!

 

IMGP8271.JPG

 

↑ 上の写真を見ていただいてもわかるように、今回のこちらの物件、

住宅街の中の高台にあるおうち。

 

富山市の呉羽という梨やりんごが有名な地域で、このおうちからは梨園が見え、

気持ちのいい場所にありました。 

 

 

今回ももちろん、ドア・サッシなど、開口部は全て当社の商品を

ご採用いただいています!

いつも、本当にありがとうございます!

 

それでは、中の様子を少しご紹介☆

扉を開けると・・・

(ドアは材種:米松ピーラー、塗装:りボス社 タヤ・ウォルナット色+タヤ・チェストナット色の混合色)

 

doa open.JPG 

 

まず目に入ってくるのが、入ってすぐ右手にあるこの大きな窓!

 

ヘーベシーベという、ドイツ・GU社製の頑丈な高性能金具を

使用している、高気密・高断熱のスライド式の引き違い窓になります。

 

IMGP8288.JPG

IMGP8218.JPG 

奥に見えるのが、綺麗な梨畑。

 

 

IMGP8228.JPG IMGP8244.JPG

 

使用している壁も床も、全てが天然木。

外から入ってくる光も、やわらかな光になっています。

そして何より、家の中に入った瞬間、ほんわりと香る木の匂いが

とっても心地が良いものです。

 

 

IMGP8248.JPG 

IMGP8249.JPG 

 ● ファン・・・天井に備えられていて、空調のコントロールをしてくれる。

 

IMGP8257.JPG 

 ● 排煙窓・・・2Fに取り付けられた排煙窓は、2Fから簡単に外気を取り込める。

 

IMGP8241.JPG IMGP8240.JPG

 

 ● 内開き内倒し窓 ( DK窓 )

日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、ドイツでは当たり前のこの窓。

ハンドル操作ひとつで簡単に、窓を内に開いたり、倒せたりできる。

 

 

 

DK.JPG 

 

この物件で納入した窓サッシは、全て立山杉で製作したもの。

 

杉の目や、独特な色合いがかっこよく、実際同じ商品を見られたお施主様が

今回ご自宅も同じもので!というご要望を受けてお作りしました!

 

IMG_6999.JPG

 

日が暮れてからの家の中の様子。

夜の雰囲気もとてもすてきなログハウス。

 

木が出す温かみや光の加減が、落ち着ける空間にしてくれているのかもしれません。

 

ログハウスのお問い合わせはこちらまで・・・

 

翼住宅有限会社  飴井 康司(代表)

TEL/FAX 076-491-1123

Mail: info@tsubasa-homes.com

HP: www.tsubasa-homes.com/

         

 

おわら風の盆

 

 

9月1日~3日の3日間、本社のあるこの富山県八尾町では、

富山県を代表する、大きな祭りが行われました。

 

胡弓、三味線、唄の音色に合わせて夜更けまで延々と踊る、

独特の雰囲気を持つ祭り、 「おわら風の盆」です。 

 

 

 

kokyu.jpg 

        哀愁漂う音を奏でる胡弓、三味線

 

八尾町は坂の町。地形的に強い風の吹く町です。

 

9月1日は全国的に風の厄日とされていて、「おわら風の盆」は、

収穫前の稲が、風の被害に遭わないよう豊作祈願として、

風を鎮めることを祈る踊りとして昔から行われてきました。

  

2shot.jpg

 

 

             力強く気品ある男踊りと、優雅で艶やかな女踊り

 

 3日間で全国各地から毎年約25万人の来訪者が訪れ、町は大変なにぎわいを見せます。

今年は、土日をはさんだ3日間だったので、例年より多くの方がいらっしゃたかもしれません。

 

 matinagasi .jpg

   

        演奏とともに各町の踊り手たちがおわらを踊りながら町内を練り歩く、町流し  

                    

 

 

今年も3日間の祭りを終え、いつもの静けさを取り戻した八尾町です。

 

 



 

                      

 

玄関をリフォーム◎ アルミ→木製に!!!

 

立秋とは言え、残暑厳しい日が続いていますね!

今年の夏は、例年にないほどの暑さだったように感じます。。 

 

 image.jpg

 

 

当社では、既存の、例えば玄関先のアルミドア・引戸を

木製のものに新しく取り変えたい!!というお客様の

ご要望にお応えして新しい取り組み、始めました。

 

そう! 玄関リフォーム』です!

玄関先をアルミ→木製に取りかえてしまう!というこの取り組み。

弊社で新築のお客様にお売りしている商品を、新築でないお宅にも、

もちろんリフォームをお考えの物件でも納入しています! 

 

 

先日 お施主様のご要望で、アルミ→木製引戸に玄関先を

リフォームさせていただきました。

リフォーム前の写真を撮ることができなかった為、

before、afterをお見せできないのがとっても残念ですが。。。 

ご紹介します。

 

 

1.JPG 

 

K型(桝格子) 引き違い引戸

サイズ・・・FW1695 X FH2325

塗装・・・リボス社   タヤ・チェストナット色

 

** 見た目を重視し、格子は一本一本研磨した後、下塗りし、塗装して仕上げます。

組むのももちろん手作業です。 手をかけている分、仕上がりの良さは本当に美しいです。**

 

 

DSCF2236.JPG 

 

 

取付は弊社と、お施主様のお知り合いの大工さんで行いました。

和風住宅と木製の引戸がすごくマッチしていて、

落ち着いた情緒ある、素敵な玄関に。

 

 

2216.JPG

 

お客様を迎え入れる玄関、また毎日住む人の

送り迎えをする玄関。 玄関は住まいの顔、というのは本当で、

その玄関先が変わるだけで、雰囲気がガラッ!と変わります。

また、住む人の気分や迎え入れられた人の気分を豊かなものにしてくれると思います。

 

 

古くなった玄関先、実は木製のものを入れたいと考えている方が

いらっしゃいましたら、お気軽に弊社までお問い合せ下さい!

 

お問い合せはこちらまで→→ リフォームドア

 

 

 

 

 

 

施工例のご紹介

 

とうとう本社のある富山でも梅雨があけました。ついに夏本番です!

 

DSCF0003.JPG

 

 

 

さて、昨年7月頃納入いただいたお施主様より、施工写真を頂きました! 

 

 

こちらのお施主様、静岡にお住まいですが、よく富山にはいらっしゃるようで、

今回もメンテナンス塗料をお買い上げいただくことも含めて、

岡よりお越し下さいました。

 

 

こちらの物件、2世帯住宅で片引戸のE型とN型を一台ずつ

採用いただきました。

T様、本当にありがとうございました!!

 

1831.JPG

           **** 奥左側に見えるN型引戸と、手前のE型引戸の2台 ****

 

 

1829.JPG

                 **** E型タイプ 片引戸 ****

 

白壁と、商品のブラック色が対称になって、すっきりときれいに

納められています。

 

 

 

1828.JPG

                  **** N型タイプ 片引戸 ****

 

 

こちらの塗装は、リボス・タヤ ペルシャレッド色。

 

E型タイプが入った玄関とはまた違った雰囲気ですね。すてきです。 

 

 

 

製品の状態は2台ともとっても良く、一年経った今でも、納入当時と変わらない

ような状態に思えたほどでした。

 

 

納入後の製品の状態は、納入場所の条件や環境によって

異なりますが、どのような環境であっても

再塗装メンテナンスは木製品にとって大事なことになります。

 

 

お肌をお手入れするのと同じで、メンテナンスは木に潤いを与え、

保護する働きがあるからです。

そのお手入れをしていただくことで、いつまでも

永くキレイにお使いいただけます。

 

 

 

本物の木だからこそ、再塗装する度にでてくる味や深み。

ぜひ、その味を楽しみながらメンテナンスしていっていただけたら、

うれしいです!

 

 

  

 

≪前の5件を見る

12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22

Profile

C.T.Sスタッフが商品や展示場、日々の出来事を書き綴っています。
過去のブログはこちら

Entries

Comment

Archive

2018.09

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

TOPこだわり製品紹介施工例お手入方法Q&A展示場会社概要お問い合わせスタッフブログ