スタッフブログ Staff blog

店舗用 大型サッシ納入します

 

 

本日の生け花🌼

 

専務が生けます。さらりと生けるのに、さらりと美しい。

 

DSCF4029HP.jpg  

 私もこれぐらい生けれたらいいのになぁ、と独り言。

 

DSCF4032HP.jpg 

 

久しぶりに大型サッシのご注文をいただきました☆  

納入場所は、ネッツトヨタ富山南店様。 

お客様とのメインスペースであるサッシは、メーカーものでぜひ木製を使いたい 

とのこと。

改装工事として、2F部分には4枚引き違い窓、入口である自動引き分けドア、

メイン部分であるお客様との商談スペースに、欄間付FIXはめ殺し窓と

欄間付4枚引き分け戸をご採用いただきました!!ありがとうございます。

 

 設計:五割一分 様

 施工:インテリアヨシダ 様

  

 

製品強度や加工等を考慮すると、ご希望にお応えできない部分もありましたが・・・ 

タイトなスケジュールの中、なんとか製作を終えることができました。

 

DSCF4045HP.jpg

メインである、欄間付4枚引分け戸。 

枠外幅6150cm、枠外高さ3548cmの大型サッシになります! 

上の写真は上枠を除いた欄間部分の方立と無目部分。

 

 

枠の大きさがすごいことに。 

 

この下に2.5mほどの障子がつきます。

↓これがその下部分。

 

DSCF4042HP.jpg 

 

そして↓こちらが欄間付きFIX。

 

DSCF4048HP.jpg 

 写真ではなかなかお伝えできませんが、とにかく枠見込み、サッシ自体が大きいこと!

それに伴い重量も相当なもののようです・・・

大開口のものを製作できる点も木製サッシの良さですね☆

 

 

大きさがある分、どのように納まるか楽しみです。 

また後日、施工写真をお届けしたいと思いますので、どうぞお楽しみに!♡

 

 

⁂-⁂- 越中おわら風の盆 -⁂-⁂

  

またこの季節がやってまいりました!

 

弊社がある富山県八尾町には、昨日9月1日~3日までの3日間、

 

全国的に有名で歴史あるお祭りがあります。

 

 

machinami.jpg 

 ◆八尾町は坂の町。夜はライトアップされた町並みが美しい

  

 

お祭りと言えば、賑やかで活気ある雰囲気を想像される方が多いかと思いますが、

  

このお祭り、「おわら風の盆」は、一味違った雰囲気を持っています。  

 

 

 

owara1.jpg 

 

 

活気あるお祭りが「動」なら、このおわら風の盆はまさに「静」。

 

派手な観光イベント的要素は少ないですが、情緒ある八尾町で大切に守り育んできた

 

民謡行事とも言えます。

 

 

machinami2.JPG 

    

かくいう私も生まれも育ちも八尾町。「おわら風の盆」は、八尾に暮らす人々の

 

特別な存在として古い歴史を持っていると言っても過言ではないと思います。

 

 

 

町並みの風情もさることながら、胡弓と三味線が奏でる哀愁ただよう音とともに

 

踊り手が踊るその姿は、なんとも幻想的で美しく、引き込まれてしまいます。 

 

owara2.jpg 

 

残り今日と明日の2日間。

  

3日間のうち全日晴れそうな年はあまりありません!今年はその点でとても恵まれた年ですね!

  

ぜひ一度見にいらしてください☆ 

 

 

 

 

 

*8月の終わり*

 

 

気づけばもう8月の終わり!9月になってもまだまだ暑さは残りますが

 

最近は夜が涼しく、少し肌寒いくらいになってきて、秋が近づいてくるのを感じます。

 

このブログも気づけば夏を通り越してしまいました。。。  

 

 

DSCF3385.JPG 

このお花はサギソウ(鷺草)。

 

純白で細かな切れ込みの入った花姿が、まるでシラサギ(白鷺)が飛んでいるかのように

 

見えることに由来しているそうです。

 

花言葉は「清純」「繊細」。混ざりけのない純白な色をした、小さくも美しく

 

可愛らしいお花です。

 

いらっしゃったお客様をお出迎えします!☺(期間限定)

 

 

 

 

先日、HPより当社を探されて・・・なんと!九州は福岡から!!フェリーに乗って

 

当社までお越しいただいたお客様がいらっしゃいました!

  

関東、関西、中部地方からお越しいただくことはよくありますが、

 

おそらく九州からSRへお越しいただいたのは今回が初めて。 

 

  DSCF2060HP.jpg

  

とってもパワフルでアクティブなY様。

  

終始笑いの絶えないお打合せになりました。

  

新築で車いすに対応できる住居をお考えで、準防火地域のため

 

車いすでも開け閉めしやすい防火引戸をお探しで当社を見つけてくださったそうです。

 

ひとつの目的にしてこんな遠方まで来ていただけるのは、本当に嬉しく思いました。

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* 

 

Y様もお考えの防火玄関引戸

 

当社で個別認定をいただいているのは2種類になります。

 

 

 ◆1本引・ガラスあり または 1本引・ガラスなし

  

 ◆対応デザインは、E型/羽目板仕上げ 
 (羽目板方向は タテ張り/ヨコ張り ※扉内にガラスを入れることはできません)

 

 

↓こちらは1本引・ガラスありの認定試験時のもの。

 

簡単にお伝えすると、左側にあるガラスがあるかないかの2種類になります。 

 

 DSCF0394HP.jpg

 

↓ 施工イメージ(内動納まりの場合) 

 

 IMGP8428HP.jpg

 

 

全国で防火/木製玄関引戸の認定を取得したのは当社が初になります

 

以前より、設計士の方・お施主様より、防火の玄関ドアではなく、

 

防火玄関引戸はないのかというほんとうに多くのご要望やお問合せをいただいておりました。

 

 

 

取得した今、お客様のイメージされる住居に一役買えるように

 

活躍していけたら!と思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

展示会にお邪魔してきました!!

 

 

先日玄関ドアをご採用いただきました、M様邸の展示会にお邪魔してきました!

  

M様は、昨年の8月に住宅会社の東山住宅 様と一緒に 

 

富山展示場までご来社いただきました。 

 

初めはブラックウォルナット材の商品をお考えでしたが、タモ浮作り仕上げの

 

展示品を見て、その質感と木の表情が気に入られてタモ材に決められました。 

 

 

 ↓ 【タモ材/浮作り仕上げ】

   自社独自の製法で、表面を凸凹にし、陰影のある独特の表情に仕上げます。 

 

DSCF0532-HP.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 DSCF1124-HP.jpg

 

ご採用いただいたのは、片袖付き親子ドア

  

DSCF1106-HP.jpg

 

大きく取ったFIX部(不透明なスリガラス)からの外光がいい具合に入り込んで

 

柔らかな雰囲気に一役買っているように見えます。 

 

 DSCF1108-HP.jpg

 

 

玄関ドアだけでなく、床や室内建具までタモ材を使われていました。

 

室内まで詳しくお見せできませんが、M様のこだわりが随所に感じられ

 

木の温かみを感じられる、とっても素敵なお宅でした。

 

 

 

 

お施主様のこだわりを思う存分叶えてください!と言われんばかりに

 

当社とお施主様の直接のやりとりをフォローし見守ってくださった東山住宅様、

 

そしてM様、ありがとうございました!

 

設計・施工 / 東山住宅株式会社

所在地:〒921-8005 金沢市間明町2丁目194番地

TEL:076-292-2200 / FAX:076-292-2271

Email:info@higashiyama-j.co.jp

 

 

そして、気持ちの良いお天気が続いていますね *-*-*-*-*

 

春の山も穏やかなようです。

 

この時期は何と言っても山菜収穫の時期!

 

クセがあって苦い。でも美味しい。大好きです。

 

 ぜんまい.jpg

 

小学生の時、食事は栄養あるものをバランス良く、新鮮で旬なものを!

 

とよく言われましたが、あんまり理解していなかったです。

  

最近、ようやく分かるようになりました。

 

旬のものって本当においしい。。。 お魚にしても、野菜にしても香りも違うし味が濃い!

 

栄養価も高くて豊富。細胞レベルでおいしい~!と感じます。

 

 

 

富山県では魚の昆布締めが有名ですが、実は山菜の昆布締めもするんですよ。

 

昆布の味が程よくなじんでお酒のお共に(笑)・・・ぜひ一度お試しください☆

 

  

 山菜.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

熊本地震で被災された皆さまに、心よりお見舞い申し上げます

 

 

熊本県で発生した地震により被災された皆さまには、心よりお見舞いを申し上げます。

 

 

 

一週間以上も続いている700回を超える地震。土砂災害や建物の倒壊、それらに

 

巻き込まれた方々。。避難されている方もそうでない方も精神的にも体力的にも

 

相当辛いものだと思うと心苦しくなります。

 

今日降っている大雨によって二次災害が起こらないことを心から祈ります。

 

初めの余震から後に起こった本震で亡くなられた方々もいるというニュースをみて、

 

やりきれない気持ちになります。 

 

どうか落ち着いて、みなさん無事でいて下さい。 

 

 

 

日本大震災で教訓として得たはずの自然災害に対しての備えや

 

心づもりというものが、震災から5年を経過し、とても情けないことに

 

私自身薄れていたことを感じています。

  

今、自分には何ができるのか、何をすべきなのか、考えたいです。 

 

 DSCF0916-2.jpg

≪前の5件を見る

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

Profile

C.T.Sスタッフが商品や展示場、日々の出来事を書き綴っています。
過去のブログはこちら

Entries

Comment

Archive

2018.04

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

TOPこだわり製品紹介施工例お手入方法Q&A展示場会社概要お問い合わせスタッフブログ