スタッフブログ Staff blog

◇◇◇ 商標 変更のご案内 ◇◇◇

______________________________________________

 

 この度、カタログの一新を機に、商標の「BIG BOY」を「A()+ made(メイド)」に

 改めましたことをご報告申し上げます。

 これを機により一層お客様にご満足していただける商品作りに努力する所存で

 ございます。

 

 日頃の皆様のお引き立てに心から感謝申し上げますとともに、今後もご愛顧を

 賜りますようお願い申し上げます。 

 

______________________________________________

 

LOGO_BK.jpg             

 

 シー・ティ・エス株式会社          

代表取締役 朝日 毅            

 

 

 

 

 

 

 

「モノヅクリのその先へ」撮影の日

 

北日本放送 KNBの「Netz the Creative モノヅクリのその先へ」という

 

番組で、当社を取り上げていただきました。

 

「ものづくり」にかける企業を訪ね、その姿を描くという番組です。

 

本日は、その撮影でした。

(2015年5月17日(日) AM 11:45~ 放送予定)

 

DSCF9311.JPG

 

綺麗な牡丹の花でTVクルーの方たちをお出迎えします。

 

まずは、玄関ドアを納入した場所での撮影。

 

neie (株)洞口 さまのモデルハウス富山にて撮影させていただきました。

 

DSCF9294.JPG

 

DSCF9290.JPG

 

会社に移動し、工場内の案内や、木下アナウンサーとの社長対談など

 

ほぼ1日がかりでの撮影でした。

 

テレビ出演に、社員は少し緊張した面持ちで取材を受けていました。

 

 

DSCF9298.JPG

 

夏日のように暑かった今日。ものづくりに対する熱い想いが、天候に

 

反映されたような日でした!

 

本物の無垢材が持つ美しさや、妥協しないものづくりに対する姿勢、

 

こだわりなど少しでも感じていただける放送になったら嬉しいです。

  

もう一度ご案内。。。 → 5月17日(日) AM 11:45~ 放送予定。 

 

ぜひご覧下さい☆  

 

 

 

施工例アップしました☆

 

先日、玄関引戸を納入した物件の施工写真が届きました!

 

設計・施工/ 有限会社匠建築設計工房 様

 

会社のある大阪市より、展示品確認で富山へ来社され、縦軸回転窓と玄関引戸を

 

ご採用いただきました。ありがとうございます。

 

HP753.jpg

 

製品は、引戸の中でも人気のE型 一本引・ガラスなし(扉外動)のタイプ。

 

塗装は、Livos タヤシリーズ/ウォルナット色、

 

樹種は、米松ピーラー無垢材でお作りしました。

 

落ち着いた色味の凹凸ある外壁に、無垢材の素材の美しさがよく映えているような気がします。

 

HP292.jpg

 

ご希望頂いた寸法は、枠外高さ(FH) 2527mmと高く、存在感あるものになっています。 

 

HP342.jpg

 

 

 

下の写真から感じるように、昼間と夜とでは雰囲気がガラリと変わりますね。

 

 


HP017.jpg

 

HP768-2.jpg

 

 

お客様を迎える時間帯によって、様々な顔を見せてくれるのも天然無垢材ならではの味なのかも

 

しれません。

 

 

 

 

 

 

**新年明けましておめでとうございます**

 

  

旧年中は大変お世話になり、社員一同心より御礼申し上げます。

 

本年も皆様のご要望・ご期待にお応えできるよう、防火対応製品や新製品の開発に

 

努めて参りますので、より一層のご支援、お引立てを賜りますようお願い申し上げます。

 

 

  

2.JPG

無垢材で作る玄関 そのイメージは?☁

 

一昨日、本社工場のある富山市では、初雪を観測したとの発表がありました。

 

ここ最近でとりわけ寒かったわけですね。

 

まさに冬の到来! ウィンタースポーツの時期だ!と心を躍らせている方もいれば、

 

あぁ、また除雪の季節がやってきた・・・と少し憂鬱になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

↓ 山に籠っている友人が撮影した3~4日前の立山です。 見ているだけで寒くなります。すっかり冬の顔!

 

 

ドア/カタログ.jpg 

 

 

ところで・・・

 

 「 玄関 」 の印象ってどのようなものをお持ちですか。

 

人を招き入れる場所、家の顔、

 

 

私の話になりますが、私の実家は昔ながらの古民家で、玄関先も建具屋さんで作られた

 

無垢の格子のもの。 まさにガラガラガラッと音を立てて入る引戸でした。

 

 

建具引戸2.jpg 

 

経年変化による“ 木の味 ” はありましたが、風が強い日は雨風が吹き込むし、

 

雪の日は冷たい外気が玄関先に入ってくるというようなもので、

 

幼少期からそんな引戸に慣れ親しんだ私にとっては、

 

「玄関先は寒いもの」 「木で出来た玄関には気密はない(というよりあるもの、という考えがない)」

 

そんな印象しかありませんでした。

 

最近では、そんな引戸自体少ないかもしれませんが。(笑)

 

 

 

 

「無垢材で玄関ドア、引戸を製作しています」とお客様に商品のご説明をさせていただくと

 

端から 【気密・断熱はないもの】とお考えの方が多いように思います。特に “ 無垢材で作られたもの ”

 

まさに以前の私と同じ印象を持たれます。

 

ただ、自社製品は全く違うんです。

 

同じ無垢で作られた製品であっても、重厚感、高品質な質感、断熱・気密性能を持ち合わせた

 

堅牢な玄関ドア、玄関引戸です。 もちろん結露もしません。

 

 

 

寒い冬季には特に感じる玄関先のひんやり感。

 

冷たい外気の入り込み。

 

玄関って寒いものだとお考えではありませんか。

 

これからの寒い季節も、無垢で作られた温かみある高性能なドア、引戸が

 

寒い外気を通さず、家の温かい熱を逃がさず、過ごしやすい快適な

 

室内環境に一役買ってくれるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

≪前の5件を見る

4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14

Profile

C.T.Sスタッフが商品や展示場、日々の出来事を書き綴っています。
過去のブログはこちら

Entries

Comment

Archive

2018.06

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

TOPこだわり製品紹介施工例お手入方法Q&A展示場会社概要お問い合わせスタッフブログ